借金返済のための特定調停とは

40年勤めた会社を定年後、悠々自適な生活を始めたのが3年前。小さいながら、念願の飲食店の開業にも成功し、第2の人生がこれからという時、詐欺にあい、貯金のほとんどを失ってしまいました。驚きと、これからどうしようという気持ちが私の中に渦巻きました。お店の建築費もローンを組んでいたため、資金繰りに困った私はついつい消費者金融から借金をしてしまったのです。すぐに返せると思った矢先、地震で店も壊れまた借金をすることになってしまったのです。結局、仕方なく他の消費者金融からお金を借りて借金の返済に充てる自転車操業の状態が続きました。このまま死ぬまで借金を返せないのか、そんな思いすら湧き上がってきて、私の第2の人生は一気に転落してしまったのです。
そんな時、妻が友人から特定調停というものについて聞いてきました。
どうやら簡易裁判所での手続きを行えば借金の返済が楽になるというのです。はじめは信じられませんでしたが、いくつか書類を提出すると本当に借金の毎月の返済額が少なくなってしまったのです。これには本当に驚きました。
少しずつ借金を返して、また笑顔で第二の人生を楽しむことが出来るようになりたいと思っています。
小町のリーガ~ル道場
剣道女子の西山温子弁護士が剣道の試合になぞらえて3本勝負で法律の知識を伝授。今回は、実際に被害に遭った場合の相談先についてです。 壱本目!自分を責めないで・・・裁判に訴えなくてもできること. 前回「『訴えてやる!』セクハラ裁判、慰謝料相場はどれくらい?(続きを読む)