カードローンの借金地獄からの生還

社会人になって自分のお金が自由に使える事もあって化粧品や装飾品と好きな物ばかり買って居ました。
女性の職場はロッカー室でお互いの身に付けて居る物を自慢する場でもあり、毎回同じ物ばかり身に付けて居ると馬鹿にされてしまうような気がして居たので、ついついカードローンで借金をしてまでブランド物を購入するようになって行きました最初は20万程の借金でしたが直ぐに枠一杯になってしまい、次から次へと借金をして返済をするようになってしまい借金地獄が始まりました。
カードローンは会社に勤めていると何社も作成出来るので、作れる限度が無く自分で管理できない程に作ってしまいました。百万以上になって居た時に初めて利息が払えなくなり、もう買い物さえ出来ない様になりました。会社帰りに女性社員同士で食事に行く事も出来なくなり、本当に惨めな借金地獄を味わいました。ランチもパンさえ買えないのでおにぎりを持参して何とか凌いで居る程でした。本当に恥ずかしいとは思いながら毎月少しずつ支払いに回すようにして、今は何とか支払いを続けて行っている状態です。贅沢さえしなければ生きては行けますが、全てを手放しての借金地獄は本当にもうこりごりです。
唐津信金の職員、顧客に金借りさせ自らの借金返済 - 佐賀新聞
唐津信金の職員、顧客に金借りさせ自らの借金返済佐賀新聞唐津信用金庫は7日、40代男性職員が顧客に100万円を借りさせ、自分の借金返済などに充てていたとして、6月30日付で諭旨解雇にしたと発表した。 信金によると、元職員は西唐津支店の支店長代理だった2013年10月、知人の女性に「営業成績を上げたい。自分が責任を ...(続きを読む)